乾燥肌予防サプリランキング※潤い保湿サプリはこれ

乾燥肌予防サプリランキング潤い保湿

ワセリンを上手に使って乾燥肌を改善

 

乾燥肌の人は保湿剤がが必須ですが、保湿剤の中でもワセリンは非常に人気です。保湿剤にも種類があり身体の水分の蒸発を防ぐものと、水分を保って吸収させるものがあります。ワセリンは蒸発を防ぐ働きが強い保湿剤になります。皮膚に膜をつくって蒸発を防ぎますが、肌への刺激といった副作用も少ないので安心して利用することができます。

 

ただ、油分によって蒸発を防ぎますので、多少べたつきがあるということだけは理解しておきましょう。また、ワセリンには種類がありますが、どこに使用するかによって使い分けます。まず、白色ワセリンといってオーソドックスな一般的によく使用されるものになります。価格も低いので基本的にどこにでも利用することができます。

 

次に白色ワセリンに含まれる不純物を除いたワセリンがプロペトです。プロペトの効果は基本的に白色ワセリンと変わりませんが、不純物の成分には紫外線で皮膚細胞に多少の影響を与えてしまう可能性がありますので、デリケートな瞼などに使用するワセリンになります。

 

そしてプロペトの中の細かい不純物をさらに除いたサンホワイトというワセリンは乳幼児やプロペトで何かしらの悪い症状がでた方に使用します。しかしサンホワイトに関しては保険適用外の薬ですので非常に高価になります。

 

ワセリンは非常に効果もありどこでも使えますが、ベタツキがありますので使う場所は考えた方がいいでしょう。しかし、乾燥肌の人にとってはありがたい薬なので使い続けて改善させていくといいでしょう。

 

乾燥肌のボディケア方法を専門家に聞く

 

乾燥肌の人は冬になるにつれてこの季節が来たと思うでしょう。酷くなると皸など痛みをともなってしまいますのでなんとかしたいと思うはずです。また、年齢を重ねるにつれて代謝も悪くなりますのでどんどん乾燥しやすくなっていきます。そういうことを避けるために早めにケアをしておくことが大切です。

 

そもそも、乾燥肌の原因というのは冬の寒さによって汗がでないことだけが原因だと思っていますが、それだけではなく加齢によることも関わっています。加齢によって血行不良が起こると代謝も悪くなります。そうなると皮膚のバリア機能が低下しますので刺激に敏感になります。つまり皮膚のバリア機能を元に戻せば乾燥やかゆみを改善させることが可能になります。

 

そのために、考えてもらいたいのが温度と湿度になります。皮膚にとって冬にいい温度は18〜22度、湿度は50〜60%となっております。温度計や湿度計を利用して保っておきましょう。また、エアコンなどを利用する場合は、きちんとこまめに換気をしましょう。

 

こういった細かいことをした上で保湿剤を利用する場合ですが、まずどういった保湿剤がいいのか選び方ですが症状によって変わります。例えば、かゆみがあればかゆみ止めも含めた保湿剤、ひびやあかぎれで悩んでいる方はビタミン系の保湿剤、角質が気になるなら尿素系の保湿剤を選ぶといいでしょう。

 

塗り方に関しては、基本的に一日一回などではなく、まめに塗ることをオススメします。一日に二回や三回くらいは塗っても問題ありません。
このように乾燥肌を改善する方法は多くありますので覚えておいてくだい。

 

 

 

更新履歴